【やる気が出ない】営業のモチベーションが上がらないのはなぜか

SNSフォローボタン
ねかごをフォローする
営業あれこれ
avi_acl / Pixabay

こんにちは、NEKAGOです。

今回は、

「営業って、取引先からも、上司からも怒られて、つらい・・」

「やらないといけないとわかっているんだけど、体が動かない。」

「モチベーションが湧かず、車の中でサボっちゃう。。」

という方々に向けて、記事を書いていきたいと思います。

入社当初はやる気満々だったけれど、いざ営業をやってみると、
中々成果が出なかったりして、モチベーションが落ちてしまうことって多いですよね。

私自身、前職の商社で、営業をやっていましたが、
全然モチベーションが上がらず、四苦八苦した経験があります。

結構仕事に対して、真面目なのに、なんでやる気が出ないんだろう・・と落ち込んでいました。

この記事を読まれている皆さんも、
「やる気が出ないんだけど、やる気を出さないとマズいよなあ・・」と感じていらっしゃる真面目な方だと思います。

モチベーションが上がらなかった私ですが、
当時から2年経った今はやる気に満ち溢れ、仕事に取り組めています。

この記事では、私がモチベーションが上がらなかった理由を分析し
どうやってそれを改善・乗り越えたか発信していきたいと思います。

営業のモチベーションが上がらない理由・やる気はどこから来るのか

 

突然ですが、みなさんが仕事を頑張る理由は、何でしょうか???

お金のため?自分のスキルアップのため?世の中に貢献したい?

 

それぞれ理由があると思いますが、モチベーションが上がらないと嘆かれている方々は

自分が仕事をやる目的と、仕事の内容がマッチしていないことが多いです。

 

例えば、お金を目的に働いている方々は、営業を頑張ることによって昇給が見込める職についていますでしょうか。

頑張っても、年に1000円〜5000円の昇給では、やる気も上がらないと思います。

世間を見渡してみれば、営業成果によって、給料の金額が変わる企業もたくさんあります。

 

また、自分のスキルアップのために仕事をしている方は、きちんと営業によって得られるスキルに納得し、行動できていますでしょうか。

新規営業のスキルをつけたいのに、ルート営業ばかり担当しているのであれば、それは仕事の目的と業務内容のミスマッチになります。

営業へのモチベーションが上がらないという方々は、営業を通して得られること(スキルやお金)に対して、不十分と感じている方々だと思います。

営業へのモチベーション・やる気が上がった私の事例

それでは、私はなぜ営業へのモチベーションを上げることができたのでしょうか。

私の仕事へのやる気の源泉は、「スキルアップ、そしてスキルアップの先にある成功」です。

将来は起業を目指しており、起業するためのスキルや、
実力をつけるために就職活動の時に商社という環境を選びました。

商社を志した理由は、メーカーの様に固定資産(設備や工場)を持たない商社は、
商社の資本は「人」と言われており、
商社マン(人)の知恵を使って、投資会社の様に様々なビジネスチャンスに投資し、積極的にビジネス拡大しようとする経営姿勢があります。

その投資を決断し、新規ビジネスを実行できる様な人になりたいと思い、
専門商社に入社しましたが、自分が思い描いていた商社マンとは異なり、
新人の頃に配属されたのは、工場へのルート営業でした。

会社で出世し、役員近くのポジションになれば、その様な新規ビジネス創出に関われるようでしたが、私は目標が起業でしたので、そんなに長い間企業で働くことは考えておらず、年功序列の出世システムに腹立たしい思いでした。

新卒で入る会社を間違えてしまったと言えば、それまでですが、
具体的にどのような仕事をするのか、もっと調べておけば良かったと自分の愚かさを恨みました。

しかし、大学でそこまでしっかり勉強している人が少ない現在(苦笑)において、
このように就職活動で失敗し、自分の思い描いていた社会人像とはかけ離れた職業についてしまう人は少なくないと思います。

ルート営業で配属された業界も斜陽産業のため、
起業からは遠い業界で、モチベーションが全く上がらなかったことを今でも鮮明に覚えています。

どんなに工夫しようと、自分のモチベーションをあげることができなかったので、私は環境を変えることを決断しました。

自分の仕事の目的であるスキルが上がりやすい環境に身を置くことで、モチベーションをあげようと試みました。

その結果、ベンチャー企業に転職し、新規開拓営業を任され、高いモチベーションで仕事ができるようになりました。

環境を変えて、本当によかったと今では思います。

ベンチャー企業に移ることで、困難にぶちあたったときも、
「自分が起業した際にも同じ壁にぶちあたるんだから、頑張ろう!」と考えることができ、
今では、以前の職場とは比べ物にならないくらい、前向きに仕事に取り組めています。

 

geralt / Pixabay

 

自分のために頑張れる人が、最もやる気があり、モチベーションが高い

私は、自分のために頑張れる人が、最もバイタリティがあり、
情熱を持って仕事に取り組める人だと思っています。

お金を稼ぎたいとか、目立ちたいとか、成功したいとか、これは誰でも純粋に心にもつ欲求です。

「社会のためになることしたいから、仕事をしている」と語っている人もいらっしゃいますが、
そういった人たちも心の奥底では、社会のためになることによって、自分の存在意義を見出したいなどと考えていらっしゃると思います。

仕事は自分を磨くための手段であり、誰もが良い結果を求めたいと願っているはずです。

仕事をやる意味を見出している人、自分が仕事に取り組むべき理由を見出している人が、
成果を出しやすく、頑張り続けられる人だと思います。

営業へのモチベーション・やる気をさらに高めた私の友人の話

私の事例だけでは、分析しにくいかと思いますので、私の友人の話もしたいと思います。

私の前職(商社)の友人(同期)は、商社でもトップレベルの営業マンでしたが、最近転職しました。

理由はスキルアップと年収アップの為と聞き、これも、自分の仕事の目的を考え直した結果だと言えます。

商社ですので、給料は高いのですが、できる営業マンであった私の友人は、出世スピードが遅い年功序列体制と、頑張っても昇給幅の小さい体制に不満を持っていたようです。

そんな中、転職サイトに登録していたら、高給で有名な企業の求人を見つけ、応募し、転職したとのことでした。

モチベーションの源泉である「仕事の目的・理由」を見つける方法

私は、この記事で「仕事の目的・理由」を見つけることが、仕事へのモチベーションを高めるために重要と書いてきました。

しかし、読者の中には、「仕事の目的・理由」がないから、困っているんじゃないか!と怒られている方もいらっしゃると思います。

それでは、仕事の目的・理由を見つけるためにはどうすれば良いのでしょうか。

私自身は、起業したいという夢があるので、スキルアップを「仕事の目的」「モチベーションの源泉」としてきました。

しかし、夢や目標がいまだはっきりと定められていない人たちが、仕事の目的を見出すことはかなり難しいと思います。

私なりに夢や目標が、定まっていない人たちはどうすればいいのかという問題に対して、
考えてみました。

自分が将来なりたい人に出会う

日本を代表する起業家になることや、億万長者になることを夢見て、思い描ける人は、
幼少期や学生時代の成功体験によって、自信がある程度ある人が多いです。

しかし、世の中そのような自信のある人ばかりではなく、自分に自信の持てない方がいることも事実です。

私は、自分に自信の持てない方に、大きな夢を持った方がいい、起業を目指した方がいいということを言うのはナンセンスだと思っています。

そのような方達は、自分が将来どのような人になりたいか、リアルに考えるべきだと思います。

リアルに考えるためには、自分の将来を体現しているような人に会うことで、自分の将来をイメージしやすくなると思います。

自分が頑張ればなれそうな人、尊敬できる人を見つけ、その人に近づくべく毎日仕事を通して、実力を磨いていくことが日々を充実させる近道だと思います。

尊敬できる人を見つける方法

あなたの価値観は何か

まず、尊敬する人を見つけるためには、自分の価値観がどんな価値観を持っているのか知る必要があります。

どんな価値観を持っているのかと自分に聞いても、なかなかパッとしないと思いますが、
私が考えるには、主に3つに大別できると思います。

① お金持ち(ビジネスで成功している人)
② 物事の洞察に優れ、考え方が優れている
③ そのどちらもを持ち合わせている

①は、物凄いお金持ちでなくても構わないと思います。
会社で出世している人でも良いと思いますし、
副業で稼いでいる人でも良いと思います。

②は、詳しく説明しなくても感覚的にわかると思います。
人間として優れている人を尊敬するのでしたら、なぜその人を尊敬するのか、自分はどのように自分を磨いたらその人になれるのか考えることが重要だと思います。

 

価値観がわかったら

価値観がわかったら、自分が尊敬できる人、なれそうな人を探すことを始めましょう。
尊敬する人、なりたい人は、そう簡単に見つかるものではないと思いますので、
途方にくれることもあるかもしれません。

私は、尊敬する人を探す方法として、
以下の方法が良いのではないかと思います。

尊敬する人を探す方法
① 講義・セミナーに出かける
② 本を読み漁る
③ 環境を変える

いかがでしょうか。

①、②は、今の環境を変えずともできることです。
自分の視野を広げて、世の中にいるたくさんのすごい人を見つけることは、
そこまで難しくないでしょう。

自分の尊敬すべき人が、どこにいそうか、考えることで、
見つけられると思います。
(ビジネスで成功した人の本を読むなど)

また、自分がなれそうな人を探すことも重要です。

目標となる人が見つかれば、自分の仕事に対する姿勢も変わり、
やる気も上がると思います。

また、すぐにでも環境を変えたいと言う人は、
転職することもありだと思います。

転職での面接や、企業分析、転職候補先との面談を繰り返し、
この人についていきたい!と思える人を見つけることで人生が変わる可能性があります。

ただその時、素直に面接に取り組みすぎると、
転職先の優秀な人に騙される可能性もあります。

下調べは、超重要だと思いますので、
よく調べて臨んでください。


 

いかがでしたでしょうか。

自分と向き合って、自分が何になりたいのか自問自答することで、
モチベーションの源泉は見つけられると思います。

ありがとうございました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました