【転職の教科書】「転職の思考法」を読んだ感想。初めての転職が不安な人へ

SNSフォローボタン
ねかごをフォローする
転職

こんにちは、NEKAGOです。

今回は、転職の思考法を読んだ感想を書いていきたいと思います。

私は大企業からベンチャー企業へ転職した身ですが、転職した時にこの本を読んでおきたかった。。と思える本でした。


このまま今の会社にいていいのか?と一度でも思ったら読む 転職の思考法

 

自身の転職活動を振り返っても、この本に書かれているようなことを反省していたので、自分と同じ考えをもっているところに共感すると同時に、自分の視点にはなかったことも書かれていて、非常に参考になりました。(再度、転職するときは、読み直すことになるでしょう。笑)

 

それでは、紹介していきたいと思います。

初めての転職希望者は、必読の本

この本には、転職に際して、考えるべきポイントがいくつか書かれています。

初めて転職する人は、どういった点に気をつけて転職すればいいのか、が非常に参考になると思います。
この本で紹介されている転職の際に考えるべき、主なポイントは以下の通りです。

 

・企業選びについて
・自分の市場価値について(現在の価値と、今後どのように価値ある人材になっていくか)
・働く意味について

特に、2番目の自分の市場価値について、色濃く書かれています。

転職が初めての方は、この自分の市場価値は、あまり馴染みのないものだと思いますが、一方で転職を考える時には非常に重要な考え方・考えるポイントだと思います。

そして、転職が初めての方は、この市場価値という考え方がそのモノがわからないと思いますので、ここの部分を詳細に書いてあるこの本は良い本だと感じました。

自分の市場価値を考える

上述しましたが、この本は、自分の市場価値を考えるに当たり、参考になるフレームワーク(考え方の枠組み)が丁寧に解説されてあります。

転職は、簡単に言えば、企業へ自分を売り込むことです。

年収という価格を自分につけて、企業へ売り込むことになりますので、「自分の価格がどの程度か把握しておくこと」が成功する秘訣であり、かつ今後、自分の価格を上げるためにも、鍛錬の場として適切な次の就職先(人生における大半の時間をかける場所)を選ぶことが重要になってくると思います。

自分の価値が上がらない企業に就職してしまい、自分の時間を無駄にし、価値を下げてしまうような転職は失敗と言えます。

誰でも、自分の価値を上げて、豊かな暮らしをしたいですよね。

会社から逃げるように辞めるのがダメな理由

よく世間一般的に、「会社から逃げるように辞める人は転職が上手くいかない」「他にやりたいことがあって転職するのであれば転職は上手くいく」と言われていますが、私はこの本を読んで、「これらの噂」を考えるきっかけになりました。

私は、この噂がささやかれる理由の一つとして、「会社から逃げるように辞める人」は辞めることが目的になってしまっている為、次の就職先のことを詳しく調べられておらず、結果上手くいかないのではないかと思います。

一方で、他にやりたいことがあって転職する人というのは、自分のやりたいことを仕事にできるので、失敗は少ないです。企業選びに失敗したとしても、自分のやりたいことができるのであれば、成功と言えるでしょう。

いずれにせよ、企業選びは短期間で行われる傾向が強い為、企業選択で失敗している人が多いのではないでしょうか。。(私の私見ですが)

しかし、私もそうでしたが、転職希望者の大半というか、ほとんどが、今の会社が嫌で、環境を変えたいと思っているのではないでしょうか。

そんな人に、私はこの本をオススメしたいです。

嫌という感情だけで先走るのではなく、次の転職先では企業選びに失敗しないようじっくり考えるべきです。

そのじっくり考えるきっかけとなるのが、この本だと思います。
どのように転職と向き合ったら良いのかを教えてくれる良本だと思いました。

転職できるという選択肢をもつことが重要

また、この本は「転職できる」という状態を作り出すことの必要性も教えてくれます。

「転職できる」という選択肢は、今勤めている会社と対等に交渉する力になります。

例えば、上司に粗雑に扱われたと感じた時や、上司が間違っていると感じた時、「転職できる」と感じている人は、一歩踏み込んで上司に物申すことができると思います。

しかし、自分には価値がなく、転職なんてできないという人だと、上司からの不当な扱いにも我慢してしまうものではないでしょうか。

転職するという選択肢をもつだけで、トランプでいうジョーカーのように、強気に交渉することができるのです。

このように、今まで大企業で勤め上げてきた方々にはわからなかった視点をこの本は教えてくれました。

ベンチャー企業を選ぶ基準も書いてある

この本には、ベンチャー企業をどのような基準で、選べばいいかも書いてあります。

内容については、割愛しますが、企業選びが難しいと言われているベンチャー企業選びのポイントが書いてあるので、参考になりました。

ベンチャー企業に特化した本ではないため、ページ数は少ないですが、参考になること間違いなしです。

総合評価

総合    : ★★★★★

内容の新鮮さ: ★★★★★

読みやすさ : ★★★★★

コメント  : 内容は物語形式で進んでいき、初めて転職する主人公が、スーパーコンサルタントに転職のイロハを教わっていきます。非常に読みやすく、すぐ読み終えましたが、内容は転職で直面する課題を多く取り上げており、参考になりました。次に転職する際、もう一度読み直したい本です。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました