【Boulder】従業員のコンディションをAIで解析?!

SNSフォローボタン
ねかごをフォローする
ビジネス考察
coffeebeanworks / Pixabay

こんにちは、NEKAGOです。

今日は、このForbesの記事に出てきたBoulderという会社が、超気になったので、調べてみました。

この会社は、カスタマーサクセス(顧客満足度の向上)を目指しているのではなく、エンプロイーサクセス(雇用者満足度の向上)を提供する会社として、立ち上がりました。

ブラック企業が横行している日本において、どのようなアプローチで、課題解決に挑んでいるのでしょうか?!

 

概要

企業名    : 株式会社Boulder
代表     : 牟田 吉昌(ムタ ヨシマサ)
主なサービス : Well
事業内容   : エンプロイーサクセスプラットフォームの構築
創業     : 2019年4月
従業員数   : 約8〜10名(2019年8月22日調べ)
調達金額   : 6,000万円

めっちゃ最近できた(記事を書いているのは2019年8月22日です)会社のようです。
エンプロイーサクセスという概念が新しいので、資金調達も難しそうですね。。

ただ8月22日に6,000万円の調達が完了したと公表されました。

私もベンチャー企業のいち従業員ですので、このエンプロイーサクセスプラットフォームが世の中にどのようなインパクトを起こしていくのか、めちゃめちゃ興味があります!

てか、エンプロイーサクセスってなんじゃ!!!

どのようにエンプロイーサクセスを達成するのか

エンプロイーサクセスとは、従業員満足度向上という意味ですね。

エンプロイー(従業員)をサクセス(成功)させる!!!というミッションの元、牟田(ムタ)さんはこの会社を創業しました。

それでは、どのようにエンプロイーサクセスを実現させるのでしょうか。

 

Well

株式会社Boulderは、サービスとして「Well」を開発しています。

画像引用:Wellサービスサイト

これは、エンプロイーサクセスを実現するために「Slack上のデータをAIで解析し、従業員のコンディションや、業務時間を把握する」サービスとのこと。

α版を8月22日にリリースし、無料のユーザーを集めており、話題となっています。

Slack(スラック)とは・・
コミュニティ内(社内)で連絡するための『ビジネスチャットアプリ』で、ラインのような手軽さが便利なツールです。「スラックってなんだ!!!」っていう人はこのブログがわかりやすかったので是非読んでみてください。

WellはSlackでの従業員同士のコミュニケーション内容や、スタンプの内容、返信スピードをAIで分析して、従業員のコンディションを解析するようです。

従業員の状態を把握するツールとして、モチベーションクラウド等のサービスがありますが、これらは、アンケート形式になるため、回答者が忖度し、きちんとした回答が得られないことを問題視しています。

Wellは従業員の些細な信号をリアルタイムにAIが掴み取るので、未然に従業員を守ることができるということだとわかりました。

画像引用:Wellサービスサイト

どこまで効果が出るのかは、まだわかりませんが、私も是非使ってみたいなあと思いました。
分析結果は、こんな感じで表示されるみたいですね。

画像引用:Wellサービスサイト

創業理由

代表の牟田さんの創業理由は、自身のマネジメント経験から来ています。

牟田さんの前職は、リクルートホールディングスで、電子決済事業の「AirPay」の開発に携わった後、「フラミンゴ」という英会話、外国語レッスンの予約サービス事業の立ち上げにCOO(最高執行責任者)として、携わっていました。

Pexels / Pixabay

その際にマネジメントしている部下が病んでしまったとのこと。

この経験から、マネジメントが超難しいことに気づき、データを活用することで、従業員の状況を把握したいと考えたようです。

データ化が進んでいる時代において、マネジメントはまだ勘と経験に頼っている現状を打破すべく、Wellを開発されました。

 

個人的には、この実経験に基づいた創業理由には、すごく好感が持てますし、今後牟田さんがどのようなサービスを作っていくのか非常に興味があります。

サービス内容を読んだ時、「SlackのデータをAIで解析して、従業員の業務時間や、コンディションを把握する」と書いてあったので、一見監視されるようなサービスなのでは?!という印象を受けましたが、この創業理由を読み、牟田さんであれば従業員に優しいサービスが作れるのではないかなあと思いました。

是非、今後もBoulderの発展を見届けたいと思います。

また、大きな動きがありましたら、ブログ更新していきます!

ありがとうございました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました