【320時間】スタディサプリはリスニング教材として最強

SNSフォローボタン
ねかごをフォローする
英語学習

 

こんにちはNEKAGOです。

 

本日は、リクルートが出しているスタディサプリENGLISH[日常会話編]を、320時間(毎日2時間×160日)使ってみたので、感想を書いていきたいと思います。

 

リスニング力が飛躍的に向上した

スマホ一つで、どこでも学習できるので、毎日勉強するハードルが凄く低く、

かつ、スクリプトをみながらリスニング音源を聞けるので、毎日の様に音源を聞いていました。

すると、使用して1ヶ月くらいで、英語がクリアに聞こえてきます。。

cocoparisienne / Pixabay

 

 継続は力なり。だ!!!

 

 

 

 

数ある機能の中でも、ディクテーション機能が特に優れていて、コレをやりこむだけで、だいぶリスニング力が上がると感じました。

ディクテーションは、聞こえてきた音を文字入力することなので、私が以前紹介したシャドーイングと同じ効果が得られます。

 

 

 

 

スタディサプリが優れている点

 

リスニングを日々練習していく中で、このアプリが特に優れているなと感じた点は、以下の3つです。

スタディサプリが優れている点

1.  スマホがあれば、どこでも学習できるので、学習を継続させやすい

2.  物語形式でレッスンが構成されているので、飽きにくい

3.  毎日の勉強時間を自動で記録し、連続学習日数や学習時間ランキングが掲載されるので、
モチベーションを保ちやすい

勉強していて感じたのが、ユーザーが勉強を続けることができるよう、アプリ設計がかなり作り込まれていると感じました。

 

月額課金制のため、『ユーザーを飽きさせてしまう=月額課金解約=スタディサプリ運営側の損失』となるので、ユーザーを飽きさせないことは、運営側の生命線であり、利益の源泉でもあるので、めちゃめちゃ考えられて設計されているのだと思います。

 

つまり、運営側が必死に頑張っているので、コレを使えば簡単に継続して勉強ができるということです!

継続して勉強するようアプリに誘導されます。笑

それでは、私が感じた優れている点を1つずつ紹介していきます。

 

スマホがあれば、どこでも学習できるので、学習を継続させやすい

まず、大きなメリットとして、スマホだけで、学習が完結できるのは超すごいです。

他のアプリは、ちょっと物足りなかったり、音源がなく、単語を覚えるだけだったりしますが、

このアプリは、音源付き、かつスクリプトも音源を聴きながら使えるので、リスニング教材にはもってこいです。

スマホがあれば、できるので、会社帰りの電車の中で10分だけ勉強すると言うことが、容易にできます。

満員電車でも、スマホいじるくらいだったら、できますよね。

私はコレを使って、ひたすらディクテーションと、リスニングをやりました。

 

5ヶ月もやれば、英語に慣れてくるのがわかり、メキメキと、『リスニング力』や『英語を英語で理解する力』がつきました。

 

効果抜群でしたので、リスニングが苦手という方や、リーディングのスピードが遅いという方にぜひオススメしたいです。

 

毎日5ヶ月続ければ、確実に効果は出ます。(実際は2ヶ月くらいで効果が出ました。)

 

物語形式でレッスンが構成されているので、飽きにくい

2つ目の利点として、教材の内容がおもしろいです。

学生たちが主人公の物語が、レベル階層ごとに用意されています。

次が気になる様な、ストーリーの配分をしていますので、続きが気になって、どんどん勉強を進めてしまうでしょう。

レベル1〜レベル7までレベルが用意されていますが、レベル7より上が残念ながらなく、私はレベル7を終えたところで、このアプリと決別しました。。

 

悲しい。。

 

毎日の勉強時間を自動で記録し、 連続学習日数や学習時間ランキングが掲載されるので、モチベーションを保ちやすい

最後に、学習時間記録機能が、めちゃめちゃ優秀です。

 

何が優秀かって??

 

連続学習記録や、週の目標設定など、

今週何時間勉強したぜーってTwitterで自慢できます。www

 

私は、連続学習記録365日の画面をスクショしたいと思い、それをみんなに自慢するために頑張ってましたwwww

※しかし、実現せず。

<その時は、5ヶ月目にアルコールで仮死状態(=トイレにこもること)になり、その日の勉強ができなかったことを知りませんでした。。>

 

やっぱり自分がどの程度頑張っているか、記録されて目に見えるって言うことは、凄く大切なんだなと思います。

 

微妙な機能・優れている機能

微妙な機能をあえて挙げるとすれば、音声認識機能ですね。コレは、あまり活用しませんでした。

まあ感覚としては、アプリの自動音声認識でスピーキングの練習は難しいですね。。

スピーキングの練習のためであれば、DMM英会話とかで英会話をやったほうがいいと思います。

「アプリで勉強=どこでも勉強できる」と言う意味だと捉えていたので、発音だと学習できる場所が限られてしまい、アプリの利点を打ち消している様な気がします。

 

また、優れている機能は、やはりディクテーション機能ですね。

 

ゲーム方式になっているので、隙間時間にできますので、コレをやりこむだけでも、このアプリに課金する価値はあると思います。

 

 

是非、皆さんもスタディサプリを活用して、リスニング力向上に挑戦してみてください!

個人的には、英文を読むスピードが早くなったのが、超感動です。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました