営業マンがキャリアアップで年収5千万を実現!転職と副業のかけ算を読んだ感想

SNSフォローボタン
ねかごをフォローする
転職

こんにちは、NEKAGOです。

今回は、私が尊敬している営業マンであるmotoさんの本「転職と副業のかけ算」を紹介したいと思います。

 


転職と副業のかけ算 生涯年収を最大化する生き方 (SPA!BOOKS)

 

私は現在、ベンチャー企業で新規開拓をしておりますが、この本の著者であるmotoさんは、人材派遣会社で営業をしていたことがあり、かなりの成績を納めていらっしゃったようです。

営業手法もかなり考えられたものが多く、営業手法で悩んでいる頃、noteの記事で初めて、motoさんを知りました。

自分の知らなかった営業手法を実践されていることを知り、それ以来ずっとウォッチし続けています。

「転職と副業のかけ算」にもmotoさんの営業手法は書かれているので、気になる方は読んでみてください!

 

しかし!!

メインとなる本の内容は、営業手法という生ぬるいものではなく、これからのサラリーマンの働き方を「再定義」する内容となっています。

トヨタ自動車が、「終身雇用できる状態にない」と発言したことで、定年まで働き続けるキャリアスタイルに終わりが近づいています。

是非、motoさんの働き方は、これからのキャリア形成に非常に参考になると思いますので、皆さんに読んで頂きたく、こちらの記事で紹介していきたいと思います。

 

年収5000万円を達成した凄腕営業マンのキャリア

本の内容は、転職を繰り返すことで、年収を上げてきたmotoさんのキャリアアップノウハウが書かれています。

日本では転職を繰り返すことが良しとされず、社内で出世して昇給を目指すことが良いことだとされてきました。

就職活動を始めた頃、だれもが、なぜ定年まで働く会社を今決めないといけないのかと、決断の重さに苦しんだことと思います。

motoさんは、定年まで働く古いサラリーマンの働き方を真っ向から否定し、自分のスキルにプラスになる仕事を選ぶことで、キャリアアップを実現されています。

 

この本は、そのキャリアの全貌が描かれており、自分自身のキャリアを考える上で非常に参考になる宝の地図そのものです。

motoさんが、どのようなやり方で、年収5000万円を達成したか、サラリーマンの方々は、読んでみて損はないと思います。

 

大手企業に内定するも、あえて地元のホームセンターに就職

motoさんは、就活で大手企業に内定するも、自分の実力を早く身につけるために、あえて地元のホームセンターに就職します。

もうこの時点で、普通じゃない香りがプンプンしますね。
普通の人であれば、給料の高い優良企業に就職します。

しかし、motoさんは、小さい会社の方が、裁量を多く持てて、結果自分のスキルが上がるとみて、ホームセンターに就職しちゃうんです!

 

これが、カッコイイ。

だいぶ腹をくくらないと、このような行動には出れないと思います。
意志の強さと、計算高さが、ずば抜けていると感じました。

 

自分の中にスキルを溜めて、それを以って、キャリアアップするというのを、20歳という若さで、行動に出ています。(motoさんは、周りより早く社会に出るために、短大を選んでますので、20歳で社会人です。ww)

 

また、motoさんは、ホームセンターの売り場構築で培ったマーケティング能力、人材営業で培った営業力、また人材営業の時に培った人事ノウハウ、そして転職する度に培った転職ノウハウを使って、副業を成り立たせています。

 

これは、ホリエモンが「多動力」で語っている「人と差別化するために、色々なスキルを組み合わせて唯一無二の存在になるべき」という話と同じスタンスです。


多動力 (幻冬舎文庫)

キャリアに悩まれている方々は、是非参考にすべきだと思います。

高額年収を達成した営業マンの尋常ではない営業力

人材系の営業をやっていたmotoさんは、ここでも力を発揮します。

 

トップアプローチ術と名付けた戦術は、並みの営業マンでは、考えられない手法を使われており、

ここでも、持ち前の独創力で、結果を出されています。

 

これは、先ほど私が読んだと書いたnoteの内容と同じですが、noteを読んでいない営業マンはこちらも参考になると思います。

幼少の頃から、商才あり

 

これは、有名起業家などに見られる特徴でもありますが、小学生の頃から、商才を発揮しているエピソードがあり、ここは物語として面白いです。

 

売るものの視点も面白いですし、大人になるに連れて、商才がどんどんパワーアップしていきます。

 

ここで、サバイバル能力を身につけたことにより、
「自分の能力向上 = キャリアアップ = 昇給」という視点が身についているのだと感じました。

総合評価

総合: ★★★★★

内容の新鮮さ: ★★★★☆

読みやすさ: ★★★★★

コメント:新しいキャリア形成について、考えるきっかけになります。年収5000万円というインパクトが強すぎて、読まずにはいられないと思いますが、キャリアに悩まれている方々は必読の本だと思います。

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました